作業 of Aion(たまに)
たまに The Tower of Aion イズラフェル鯖魔族で絶賛作業中
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
むだい
今日の仕事帰りの電車の中で
斜め後ろあたりにいたおっさんが急にぶっ倒れた。











今まで何度か倒れた人は見たことがあるがいずれもすぐに起き上がり、
誰かに席を譲ってもらうといった感じの貧血程度のものだったので、
今回もすぐに起き上がるだろうと思ったのだが・・・・。




















今回はどうも様子がおかしい。



















ついてないことに、まだ電車は走っている最中で、
外に運び出すことも起こすこともできない。

無論満員に近い状態だった為、何もできることがないのだ。























倒れたおっさんは痙攣してしきりに自分の足を指差していた為、
正直初めは足でもつったのではないかと思った。


















が、倒れてから電車が駅に着くまでの間にみるみる容態は変化し、
痙攣し、泡を吹き白目をむいてしまった。





















緊急連絡ボタンで車掌に連絡してくれた人がいたらしく、
次の駅で車内放送が入り電車は長時間止まることを余儀なくされた。


















都会の人間は冷たいというかなんというかわからないが、
非日常的なことに遭遇したときにとっさに動き出せる人間が少ない。




















無論自分もその一人で、どうしていいかわからなかった。






















ガタイのいいスーツ姿の30ぐらいの人だろうか、
その人がとりあえず外に運び出しましょうとまわりに促したので、
近くにいた自分はおっさんの脚を持ち駅のホームまで運んだ。


















幸い乗り合わせた電車に医者の方がいらっしゃったらしく、
おっさんのネクタイを取って衣類を緩めたりといった簡単な応急処置が施される。

















駅員が駆けつけ、救急車の手配をしたことを告げると、
その医者の方がおっさんの容態を見て(ぱっと見だろうから断言ではないだろうが)
脳出血かもしれんといった旨を介抱にあたっていた人(恐らく医療の知識のある人)
と話しているのが聞こえた。



















その医者の方が駅員に、そのおっさんを私の病院に運びますから電車を出してください。
といったことを告げ、まもなく電車が出るということだったので、
そのまま電車に乗り込み帰路に着くこととなった。







































半ば放心状態だった。




























おっさんと言っても35~45ぐらいのおっさんで一見体が悪そうな様子もなく、
いつもと同じように仕事を終え、そして電車に乗り帰宅するところだったのだろう。







今回は幸い早い段階での対応ができたので恐らく命に別状はない。

と願いたい・・・・・・・・・。















自分の身にもこういったことが降りかかることがあるのだろうと思うとゾッとする。


























余談ではあるが、おっさんの事をホームに運び出した際、
電車の中に残っている人々のあまりに他人事な様子には驚いた。


数名は何事かと心配そうにこちらを見ていたが、
音楽を聴いて目を瞑る者、本を読む者、背中を向けている者。




初めに動いてくれたガタイのいいリーマンがいなかったらどうなってただろうか?



もしかしたら自分もその無関心を装う人の群れにいたことだろう。



とか考えてたら何か寂しくなった。




というわけで寝る。乙。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
その場に居ない人は
簡単に何もしない人を批判したりするけど
実際その場に居たら
大体の人は何もできないモノです・・・

だからその手伝いしただけでもエライって
その内率先してやる立場になると思うし・・・
ま、そういう事ないのが1番だけどねw
・・・って、マヂレスさーせんw
2008/06/27(金) 08:26:44 | URL | ミコ #-[ 編集]
君が学ぶべき教訓が全てそこにある。
2008/06/27(金) 09:29:09 | URL | NEO #-[ 編集]
昨日の話だよね。
お疲れ様でした。

おいら昔、プールで監視員のバイトしてた。
たまたまおいらの監視台の前で女の子が泳いでた人と衝突した。
(クロールの腕が女の子の首に入った)
女の子沈んだ。
慌てて飛び込んで引き上げたけど息してない。



結局蘇生してその後も元気に遊びに来てくれたけど
その日は気持ちが高ぶって眠れなかったのを思い出した。

メイドさんのしたことは正しいし良い事したと思うよ。
色々考えることや思うことはあると思うけど、

そういう局面に対峙した。対応した。


それでいいやん^^

お疲れちゃん^p^
2008/06/27(金) 11:53:14 | URL | はんたー #-[ 編集]
メイドさん!さっすが~bbb
( ^o^)ヾ(^-^ )ナデナテ"

良い事をした・・・じゃなく
当り前の事をした・・・ですよね

そんな社会がいいですね。。。
2008/06/27(金) 18:16:08 | URL | 紫陽花李緒 #-[ 編集]
うっほタンがいればなぁ
2008/06/27(金) 21:00:50 | URL | わんころ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。